よっしゃ!

*For my blog in English, check out blog.myspace.com/yasuro. If you really want to know me, even my dark side, please read a series of entries that starts with What Triggers My Depression I. Now Part III, Part IV, and Part V are up.


これは前回の簡単な続き。

 

前回のリストでトップに上げたような人にひっかかるのは、考えの立脚点がそもそも違うからかもしれない。

 

いくらかでもアカデミックな世界にいた人なら、なにごとでも(健全な意味で)疑ってかかる態度が身についてる。どんな情報だって、その信憑性を判断する上で、その出所を知ろうとするだろう。なんとかという本に書いてるから正しいに決まってる、などという単純な発想はしないだろう。事実と推測はきっちりわけて考えるだろう。

 

こういう態度は、仲間内では当然ながら当たり前になっているので、なんとなーーくそういうもんだと思ってしまうのだが、一般的にみると、これはむしろ例外的なのかもしれない。

 

mixiの英語の文法関係のスレッドで、少し議論があったのだが、頭の固い人が出てきて閉口してしまった。彼女は、文法フェチ?で、しかもそれに妙な誇りを持っているようで、僕の議論にヒステリックに反論してきた。まだ、中身があればいいのだが、ロジックが破綻している。彼女は、あくまで「フェチ」どまりで、専門的なバックグラウンドがあるわけでもなければ、アカデミックな態度が身についているわけでもないのが悲しい。せっかく興味深い話題だったのに、一気に興が冷めた。

 

また例によって叩きのめしたい衝動に駆られたのだが、そこをぐっとこらえて、さらっと流した。

 

うむ、よくやった!そんな自分を誉めてあげたい。

 

この調子で多少は大人になりたい(しみじみ)。新年の誓いにあげるのも恥ずかしいほど、長年試みてはいるんだが…。全然成長がない。

 

応援よろしく。

広告
カテゴリー: 精神衛生 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中