ウルトラマン ティガ

*For my blog in English, check out blog.myspace.com/yasuro. Recent entries include: "One Type of Stretching That Everybody Should Be Doing", "Constructive Living", and "Casanova”.


 

今回は、前回の「買っちゃったよ~ん」なる記事の続きで、ええ年こいたオッサン(私のこと)が、年甲斐もなくうれしそうにウルトラマン・ティガへの愛を熱く語る。

 

子供の頃はウルトラマン、仮面ライダー好きの、よくいる特撮好きの子供だった。’96年にティガの放映が始まったときは、いい加減いい大人で、さすがにわざわざ見るようなことはなかっのだが、たまたま目にする機会があってから、ほれ込んでしまった。 その後に続いたウルトラマンたちには興味が湧かなかったのに。

子供の頃見てたときに比べて、その時点で既に20年は過ぎていたはずだ。なので、特にCGに代表される、映像技術の進展が視覚的インパクトを変えたのはもちろんある。それに、カラーリングに関して、それまでのウルトラマンの「白と赤のみ」という暗黙の了解を廃棄したという変更もあった。

 

しかし、なんと言っても私を魅了したのは、そのフォルムの美しさである。

そのような試みをしたことのある人には分かると思うのだが、新しいウルトラマンをデザインするのは簡単なことではない。ティガでは、カラーリングについてこそ逸脱したものの、それ以外は全く旧来のウルトラマンの伝統にのっとりつつ、新しい時代を感じさせるシャープな雰囲気を作るのに成功している。これが実に画期的であった。

私が今もこの人形を飽きもせず眺めていられるのは、そのためである。美しい。全てのウルトラマンの中で、ティガのデザインがもっとも好きである。

広告
カテゴリー: ちょっとしたいいこと パーマリンク

ウルトラマン ティガ への1件のフィードバック

  1. didadi より:

    子供好きなものが今でも飽きないということが珍しいと思う!
    そういう人がたくさんいったりして!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中