ラオウの剛の拳よりトキの柔の拳

» Oh, God, save me, Save Me, Please! » Interested in increasing your productivity? MyLife Organized and GTD might help. » Why is it Pointless to Talk to Hardcore Believers of Organized Religions? » See why mid Feb is not a great time for singles — At A Local Grocery Store Tonight. » Read my take On Sullivan’s "Your Taboo, Not Mine" on Time. » See how good your Japanese is by reading my blog in Japanese.


私の現在のISPのサービスが今落ちているようだ。なので、これはオフラインで、テキストエディタ(Windows用のGNU EmacsであるMeadowと、その上で動作するPSGMLメージャーモードの組み合わせ)を使って書いている。

 

ところで、先日書いたように、mixi上で一悶着あった。某コミュでの話なのだが、さるスレッドでの話に関して、某氏から一見他愛ないメッセージが個人的に届いた。それに対してこちらも他愛のない返事を返した。ここまでは、全く問題ない。ところが、それに対しての彼の返事を見てあっけに取られた。

私の言葉尻をとらえて、イチャモンをつけてきてたのである。しかも、 非常に幼稚な次元の…。一見友好的だった最初のメッセージとは大違い。強調しておくが、私の返事も100%友好的だった。なので、そんなことをされる合理的理由が思い当たらない。最初は全く???だった。別人あてのメッセージが誤って私のところに届いたのかと思ったくらいだ。だが、彼のそのコミュニティでの他の言動を思い浮かべるにつけ、徐々に理解できてきた。

どうやら彼は人に食ってかからずにはおられない性格ということらしい。実際、別スレッドでも、トピック主に対する私のコメントの意図を曲解し、それに乗じてトピック主に食ってかかっていた。慌てて私は、私自身にはそういう意図はない、と釈明して事なきをえた。そのときは、私自身がターゲットになったわけではなかったので、ちょっとした誤解だと思ってそれ以上深くは考えなかった。しかし、既にそこに彼の人間性の片鱗が見えていた。

おおかた、巨大な劣等感が背後にあるのだろう。今にして思うに、最初の彼のメールで、自分の学歴をひけらかしていたのだが、それを私が賞賛してあげなかたったのも、「まずかった」のかもしれない。(正直、別段それに値するようなものでもなかったので、そのときはそれがひけらかしであることすら気づかなかった。)

いずれにせよ、危険な人であることははっきりした。そこで、私は今後関わらないようお願いする返事を出すと同時に、mixiでの彼からのアクセスをブロックした。

さて、これは彼にとっては面白くない。まず、私が投稿していたあるスレッドで、私あてにぶつくさ文句を言う記事を出した。もちろん、そのトピックになんら内容の上での関連はない。ところが、私がそれを相手にしないものだから、さらに別のスレッドで、私の私信のメールを引用して、低レベルの誹謗中傷に走ったようだ。

「ようだ」というのは私はちゃんとは読んでないから。彼が投稿したのはわかったが、わざわざ彼の術中に落ちるほど愚かではない。ただ、私信を、書いた本人に無断で転載した、ということだけ確認できれば十分。さっそくmixi運営部に通報した。私が何を書いていようと、そんなことをすれば、自ら貶めるだけだということがわからないのだろうか。しかも、問題は人間性の話にとどまらない(後述)。

その後二日ほどの間に彼はmixiそのものから退会したようだ。おそらく、自主的に。

 

私の対処方法は正解だったと思う。あの手の輩は関わらないに限る。自分を認めて欲しいという渇望が背後にあるので、自分が相手にされないと、相手にされようと行動が次々とエスカレートする。絵に描いたような、典型的ストーカー気質

悪いエネルギーには、真正面からぶつかって結果としてますます炎上させてしまうのではなく、さらりと流して、消えていくのを待つ方が賢明だ。いわば、ラオウの剛の拳よりトキの柔の拳。ユルユルユルユル。(すみません、分かる人にしか分かりません。)理屈では分かっていても、人間が未熟なゆえになかなか実行できなかった。最近やっと少しはできるようになったようだ。そんな自分の成長が素直にうれしい。

次に目指すのは、相手にしないだけではなく、瞬時に自分の頭からも消すことができるようになること。ここに結局こうやってうだうだ書いてるうちはまだまだ。早くその境地に達したい。ボケてしまってどちらにしろ全てを忘れてしまう前に。

 

余談: くだんの彼は、その「ひけらかし」でロースクールにこれから行くだのなんだの書いてたように思う。他人の私信を無断で公開するのは、人間性の問題にとどまらず、プライバシー権の侵害にあたると思うのだが…。そんなことを平気でするような遵法意識の希薄な人がロースクール?開いた口がふさがらない。

 


最近のmixiから:

あ、添付画像については気にしないでくださいね。 分かる人にはなぜこんなところにあるか分かると思いますが…。

広告
カテゴリー: 人間 パーマリンク

ラオウの剛の拳よりトキの柔の拳 への3件のフィードバック

  1. didadi より:

    Yasuroさんを選んだのがその彼の判断ミスだと思う!(笑
    本当にいろんな人がいるよね~対応が大成功でおめでとう!
    タイトルのその言葉、何となく意味が理解できるけど、読めません><

  2. Unknown より:

    再びお邪魔します。自らの学歴を披露したがる巨大な劣等感の持ち主…居ます。私の勤務先にも…!!しかも同性相手に女の闘い挑んじゃうタイプの、いわゆる化石タイプなお局様。
    スルーしたいのは山々なんですけどね~こういう方々って友達減少率高いせいか、簡単にスルーされてくれないんですよね~嫌われてようがなんだろうが、それだけが他人との接点というか、無くなると何も無くなるらしく、「寂しい」んだそうで。
     
    「相手にしない、近づかない。(表面的に)敬して極力遠ざける」
     
    最近悟ったこたでございます…

  3. Yasuro より:

    コメントありがとうございます。読んでくださる方がいらっしゃるとわかってうれしいです。
     
    didadi♪☆さん:
    タイトルについては…別チャネルで説明したとおりです。(*^^*)
     
    こたさん:
    職場でそういうのあるとキツイですねぇ。不必要にことを荒立てたくないでしょうし…。やはり、ここはトキの拳でユルユルユル。(o^_^o)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中