思いがけない来客

今夜は思いがけない来客があった。写真の猫である。

彼は、隣のアパートの建物に住んでいる若い美人お母さんのところで飼っている雄猫。彼はずいぶん前にも2日連続で自分のアパートに遊びに来たのだが、そのことを彼女に話したら、自分のペットだと言っていた。

飼い主の彼女は、私と同じアパートの建物に住んでいるのではない。隣の建物である。この二者の間には、しっかりフェンスが張ってある。したがって、この猫が私の部屋まで来るには、一旦フェンスの端まで行って、折り返して、さらに2階にある私の部屋まで、階段を上がってこないとならない。

猫にとっては結構な手間ではないか。それだけではなく、一旦遠くのフェンスの端まで行くという、距離の直感に反するプロセスを猫が理解できるできるというのは、すごいことのように思えるのだがどうだろう?猫ってそれほどの知能は普通に持っているのだろうか。

写真を見て頂ければ分かるように、完全にリラックスしていかれました、この猫様は。

広告
カテゴリー: ちょっとしたいいこと パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中