英文ブログに書けぬこと

先日、さる40歳のイタリア人女性と初めて会った。40歳といえば、同い年だ。

それまで、ピンボケの写真しか見たことがなかったのが、会ってみて驚いた。正直言って、ふけているのである。日本の感覚ではかなり肥満なのだが、それもただの肥満というより中年太り。また、顔からも年齢がはっきり感じられる。 

デートではなかったのだが、仮にそうだったとしても、周りの人間には決してそうだとは思われなかっただろう。

 

最初のショックが過ぎ去った後、実は我々の年代の人は彼女のような外見をしている方がむしろ普通ではないかと徐々に思い始めた。

もちろんアジア系は、白人に比べて若く見える。これは誰もが認める一般的傾向である。しかし、自分はそれでもちょっと例外的であるようだ。

中高や大学の同級生たちとも直接会う機会は長らくない。しかし、たまに彼らの写真を見ると本当に驚く。彼らもふけてるのである。

 

一体何が理由なのだろう?遺伝の一言で片付けられるようなものだろうか?もちろん自分は食事も運動も気をつけている。これはどの程度効いているのだろう?

自分としては精神的な態度・心のゆとりも大きな要因だと思う。また、周りの人間の影響も大きいと思う。周りが若々しい人だと、自分もそれが当たり前だと思うので、それが知らず知らずのうちに自分の外見にまで影響しているのではないか、というわけだ。

 

しかし、実際のところ、どうなんだろうか?

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

英文ブログに書けぬこと への1件のフィードバック

  1. didadi より:

    40歳の女性と40歳の男性、普通でも男性のほうが若く見えるのでしょう。
     
    しかし、Yasuroさんの場合もっと普通よりも若く見えている!いいなぁ~
    食生活運動には相当効果が出ていると思う、
    若い心を持てば顔まで出てくるのかも!わたしもそうしないと・・・
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中