猫が頻繁に来るようになった

…結構うれしい。

そう、このブログででも、「思いがけない来客」、「猫が来たりて米食らう」で触れたその同じ猫である。

考えてみると、別に食べものを与えるわけでもないのに、何で来るのか不思議だ。いや、全然与えてみなかったわけでもないのだけれど、何をやってもほとんど見向きもしないので、諦めてしまった。ただ、出してやる水はよく飲むし、相変わらず挽いた玄米はちょくちょく食べてるようだ。

面白いことに、水は、一度沸騰させたもの(余談だが、これを「白湯(さゆ)」と呼ぶのだと思っていたが、勘違いだったよう)でないとダメなようだ。水道水そのままだと飲まない。生意気

あちこちでいろいろ餌をもらう機会はあるだろうに、むしろ細めの体型を維持しているのは、そういう徹底した自制心にあるのだろうか。アメリカ猫のくせに見上げたヤツ。

彼がここに来る大きな理由の一つは、安心できるからだろう。それは彼の寝姿にも見てとれる。彼が、隣の駐車場の、飼い主の車の屋根で寝ているときは、ここで寝ているときのように、体を完全に投げ出すようにして寝たりはしない。

それと同じくらい大きな理由は、私が彼をあまり煩わせないからじゃないかと思っている。猫を飼っていながら、その飼い猫が自分に懐かないことを嘆いている人がいるが、構いすぎるからじゃないんだろうか。

彼がここにいる間も、彼に対して何かするわけではない。彼が私の膝に乗ってきて、前足で僕の腹を押し始めたら相手するけれど、それ以外は、ほうっておくだけだ。

自分が望んでもないのに相手を強要されたら、猫だってうれしくないだろう。

今もカウチの上ででろ~~んと横になって寝てる…。お前ね~、少しは警戒しろよ…。

広告
カテゴリー: ちょっとしたいいこと パーマリンク

猫が頻繁に来るようになった への4件のフィードバック

  1. didadi より:

    彼は体型を維持してきたのは、自制心というより生水を飲まないような癖が多かったからかなぁ~

  2. Aika Florence より:

    > 猫を飼っていながら、その飼い猫が自分に懐かないことを嘆いている人

    俺のことか。ww
    まぁ、猫によっては構って欲しくて仕方ないのも居れば、あまり構おうとしない人に自ら寄って行くのも居る。私の猫二匹は前者。人間にしてもあまり構わなくても猫と同じ空間に居れば満足出来る人も居れば、たまには構ってやらないと気が済まない人も居る。私自身は後者。昔、我らがイアン様が懐かなかった時も一日に1~2回、触っても良いか…? と訊いていた程度だから「構いすぎ」だったとは思わないけど。

  3. Yasuro より:

    didadi♪☆ちゃん:彼は本当によく水を飲むよ。僕のところに来てまず最初に水飲んで、ねこけて起きた後、また水飲んでる。
     
    愛歌ちゃん:僕も人間としては本来前者だったんだけど、ようやく大人になって、ほっておけるようになった。この猫との関係も、僕の人間関係全般の練習台だと思ってるよ。「充電中」なのにわざわざどうも。もっとマメにコメントしてね~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中