SVGエディタ

Wikiはテキストのみの非定形の情報整理にはなかなか魅力的だ。テキストにWiki独自の形式を導入することで、フォーマッティングやリンクを比較的簡単に(つまりHTMLを自力で書くのに比較して)扱えるようにしたこと、しかもそれをWebブラウザ上のみでできるようにしたところにWikiの貢献がある。しかしその一方、マルチメディアデータの扱いに弱い。もちろん、Wiki上にそういうデータを含めたり表示することはできる。弱いというのは、その編集がWebブラウザ上に閉じてないことを指している。

もっとも音データや動画データは、その処理の複雑さからどうしてもWebブラウザに閉じる形にするのは難しいだろう。しかし画像データくらいはなんとかできないものか。

AppleはかつてMacintoshにHyperCardというソフトを標準添付していた。WWW到来以前に、初めて一般ユーザにハイパー・テキスト・システムを提供したその功績は甚大だ。Wikiは、そのHyperCardと狙っているところが似ているように思える。そのHyperCardでは、単独で絵を描けたことを考えると、なおのことWikiにそういった機能がないことが惜しまれる。

さて、上で画像データと大雑把に言ったが、 いわゆるペイント系ツールで編集するラスター・データのみならず、ドロー系ツールで編集するベクター・データも合わせて考えている。Photoshopに代表されるフォト・レタッチ・ソフトも、広くはペイント系に含まれる。(実際、Photoshopを使って、「絵を描く」デジタルアーティストは多い。)

ペイント系については、お絵かきしぃペインターなるJavaで書かれたツールがある。これは適切なCGIと組み合わせることで、Wiki等Webサービスに導入することができるようだ。実際、Wikiレンタルの@Wikiなどでは既にこれが利用できるようになっている。

しかし、自分がより興味があるのはドロー系の方だ。実務的、あるいは技術的内容を書いているときは、ドロー系の方が欲しくなる機会が圧倒的に多いから。

ドロー系のファイルフォーマットについては、これからはScalable Vector Graphics (SVG)が共通標準データ形式になっていくように思える。 携帯機器・PDA向けのプロファイルをサポートするビューワも登場してきたようだし、PC上のWebブラウザでも、以前のプラグインではなく、ネィティブでサポートするものが増えてきたようだ。

表示の方はいいとして、編集の方は、というと、これもAdobeのIllustratorをはじめ、多くのドロー・ツールがSVGでの出力や、場合によってはSVGファイルのインポートもサポートしている。Visio似のツールDiaWindows版もある。

これらは高機能だ。しかし、自分が欲しているのは、もっと軽く動作するもの。どこかに出版するのならまだしも、自分だけのためにメモを取っている段階では、見かけよりも、ともかく内容が電子的な形でともかく保存できることの方が重要だからだ。

それにはSVG Cats 1がよさそうだ。サポートしているSVGの機能は限られているし、GUIは今ひとつ洗練されてない感があるが、それでも使い勝手についてはよく考慮してある印象を受ける。 なによりもフリーだというのがうれしい。

なお、上位版のSVG Cats 2MicrosoftのOneNoteの廉価版というふれこみで、単なるドローエディタに過ぎないSVG Cats 1と違い、「テキスト、手書きメモ、写真、グラフィックス、 Web、PDF など、あらゆる情報やアイデアを、ツリー形式で効果的に整理できる新しいデジタルスクラップブック」だそうだ。「試用期限が無い広告型シェアウェアです。10日ごとに表示される広告から無料キーナンバーを探して入力すれば何度でも試用できます」とも。

ところで、この「デジタルスクラップブック」という分野では、紙copiが有名だが、 Google Notebookの登場で価値が相対的に落ちた感がある。

さて、SVG Catsにしろ、他のSVGエディタを使うにしろ、自分がWikiエンジンそのものにまで手を入れられない場合、結局のところ、Wiki上にSVGデータを含めたいのなら: 既に前の版がアップロードされているのならダウンロードし、それをSVGエディタで編集し、それが終わればアップロードする、という手続きを経なくてはならない。多少わずらわしいが致し方あるまい。

仮にペイント系のお絵かきしぃペインターのようなJava+CGI式の構成にしても重いだろうし(特に私の7年前購入のPCでは)。ただ、SVGとJavascriptは親和性が高い:SVGはJavascriptでスクリプティング可能だし、SVGはXMLの一種だから、JavascriptからDOMでデータを扱える。なのでAjaxで頑張ってなんとかすることは可能なのかしら?サーバ(Wikiエンジン)側まで手を入れる気があるのなら。

ま、どうせ自分でそこまでする気はないので、気にしてもしょうがないかっ。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中