シアトル近辺は嵐で大騒ぎ

先週の木曜日に、ここシアトル近辺に、十数年ぶりの規模の嵐が来て、そのために広域の停電をはじめ、社会的に深刻な被害がいまだに続いている

私の場合、インターネットの不通が最大の問題だった。しかしそれも、一日半たった今日土曜日(12/16)になってやっと、ではあるが、回復した。2000年にシアトルに越してきて以来、ここでこのような事態を経験したのは初めてだが、これくらいで済んだのは本当にましな方。電力供給は、不安定にこそなり、瞬断も何度か起こったようだったものの、無停電電源(UPS)のおかげでデスクトップPCも悪影響を受けることもなかった。しかし、多くの地域でいまだに停電が続いており、しかも月曜日まで回復しない、と予測されている。

嘘のような話だが、ウェスト・シアトルに住む友人が、自宅では電気が通じておらず、暗くて寒いので、と言って今日やってきた。しばらく暖かい食事をしていない、と言いながら、最近たまたまたくさん作ったいた私の料理にありついて喜んでいた。ここでは停電が起こらなくて本当にありがたかった。停電していたら、もちろんいろいろ不便になっていたであろうからだが、特に、せっかくの料理が冷蔵庫・冷凍庫で腐ってたかもしれないから。

TVのチューナがいかれてしまっているので、インターネット接続が切れてしまうと、社会の様子を知るには、友人からの伝聞と、ラジオでの報道に頼らないといけなくなってしまう。そこで、昨晩はコモ・ラジオという地元のAMラジオ局を聞いていたのだが、リスナーが電話をかけてきて、それぞれの地域の情報を提供しているのが非常に興味深かった。自分がいかにラッキーだったかを思い知らされた。多くの人は、闇の中で凍えているようだった。ただ、本当に普通の人が電話をかけてきているので、中には、アンポンタンな人もいて、それもまた面白かった。

ところで、仕事として、特定ウェブサイトのモニタリングをしているのだが、これを私の携帯電話のブラウザでやるのにはかなり無理があった。WAP専用ブラウザではなく、いわゆる「フルブラウザ」だったのがまだ救いではあったが。詳しい報告を時間をかけてローマ字で頑張って書いたものの、Yahoo!のWebメールでそれをいざ送ろうとすると、エラーで台無しになってしまった。再度またポチポチと入力する気合がなかったので、簡単な形でお茶を濁した。

広告
カテゴリー: アメリカ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中