瞑想

何度も試みたものの、私はちゃんと瞑想ができたためしがない。しかしそれでも、瞑想について聞き・読みかじったことを、私信でえらそうに語ることがあったので、それに例によって加筆してここにも出しておく。


一応理屈の上で瞑想への段階的到達法とは:

  1. 一つのことに集中して、他のことは考えない。
  2. その一つのことも考えない。

ということになるらしい。

瞑想の方法として「蝋燭の炎に集中して」なんてよく言われるのは、それが1.を達成する一方法だから。ただし、2.の段階もカバーしないと真の瞑想状態には到達できない。

さらに、瞑想というと、すぐ、只管打坐(しかんたざ)みたいな、「じっとしてる」、いわば静的な方法が思い浮かぶけれども、道はそれだけではなく、単純かつ規則的な運動を長時間続ける、ことでもそういう域に達しやすくなるのだそうな。お寺なんかで、僧がひたすら廊下を雑巾がけしたりするのは、こういう効果も狙っているのだとか。我々が比較的簡単にできる方法としては、長時間のジョギングとかがある。

広告
カテゴリー: スピリチュアリズム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中