The Forbidden Kingdomを見た

昨晩、The Forbidden Kingdom (Wikipedia)を見た。貧乏な私は講師の一人にチケット代を出してもらった。そうでなかったら見なかった。

Jet LiとJackie Chanの初競演映画、ということ以外、予備知識はほとんどなしで見たのだが、なんと、西遊記が話のベースになっていると知って驚いた。西遊記はアメリカではほとんど知られていないので、こちらの紹介記事などを見ても、よほど詳しいものを除くと、それには触れていない。

子供の頃西遊記に親しんだ自分としては、懐かしい名前が英語名で語られるのが興味深かった。孫悟空の生まれた山の花果山(かかざん)がMountain of Flowers and Fruits、オリジナルではお釈迦様が、手を変じて生意気な悟空を捕らえた五行山(ごぎょうざん)がMountain of Five Elementsといった具合。悟空はMonkey Kingとされていたが、そのMonkey Kingが無礼を働く場のパーティーは蟠桃会(ばんとうえ)の話が元になってると思われるし、悟空と戦うJade Warlordは悪人のように描かれていたが、オリジナルでは天界の側で、無法者の悟空と互角に戦った二郎真君(じろうしんくん)がモデルになっているのだろう。

既に50を回っているJackieや40代も後半のJetが見事な立ち回りを演じているのは賞賛に値する。しかし誉められるところはこれだけで、プロットもいまひとつしっくりこないし、コミカルな演技が得意なJackieを除くと、他の役者の演技はひどいものだった。Jetが豪快に?笑うシーンは不自然すぎてキモチワルかったし、彼らの英語は下手すぎて、さっぱり聞き取れないところが多かった。

広告
カテゴリー: ちょっとしたいいこと パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中