1年間冷凍したままだった魚を食った

かつてはかなりまめに自炊していたのだが、ここ1年ほど、仕事に追われて疎かになっていた。特に過去二ヶ月ほど、個人的/仕事上での問題やる気をすっかりなくしてしまい、近くの7-11で買ったハンバーガーやサンドウィッチを食べるという非常に不健康な食生活を送っていた。日本と違って、こちらのコンビニにはそこそこの出来のお弁当をおいてくれたりはしていないのだ。

しかし、このほどやっと重い腰を上げてカレーを作った以前も書いたように料理をするたび可能な限り大量に作って、冷凍するなどして、徐々に消費できるようにしている冷凍庫はこんな感じになる)。

それが達成できたので、ちょっと調子に乗って、1年以上冷凍庫に入れていた魚(yellow tail)を塩焼きにしてみた。水分がかなり飛んでてぱさぱさだったが、それでも一部はそこそこうまかったちょっと幸せ。まだ1匹残っているので、こいつは蒸して料理することで、多少は水分が補われるか試してみたいと思っている。

今晩(5/14の晩)も、鮭のアラを使って酒粕汁を作ってみた。具は蓮根、大根、ニンジン、ゴボウ、サトイモ。結構いい感じに仕上がった。

広告
カテゴリー: 食事 パーマリンク

1年間冷凍したままだった魚を食った への2件のフィードバック

  1. より:

    ご無沙汰しています。login して comment 可能なことを発見。1年間冷凍しておいたものでも大丈夫なんですね。。。 subway も食べ続けると飽きるし。酒粕汁は作るのが大変そうですね。

  2. Yasuro より:

    鬼塚さん、こちらこそご無沙汰しています。私が作る料理はどれも特に難しくはないんです。アラの酒粕汁も、基本はアラからだしを取って、その後具を突っ込んで煮込み、最後に酒粕と味噌で味付けするだけです。ただ、手間はやはりどうしてもある程度かかりますね。全部で2時間くらいでしょうか。ずっとかかりっきりではないんですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中