生命保険の見直し

英文ブログのほうでも少し背景を書いたが、1年ごとの保険金支払いを機に、生命保険の見直しをしている。いわゆる定期付終身保険なんだが、定期保険分を完全に落として、終身保険分だけ残そうと思っている。

これは、平成4年(1992年)8月に契約したこの保険(実は2本)の予定利率が5.5%で、予定利率のよい保険はキープせよ、とされているからだ。この数字は、自分は日本の担当者に直接電話して確認したが、一応表があるにはある

…っていうことでいいんでしょうか?詳しい方?

ところで、パラパラと調べただけでも、この保険を契約した頃と日本の保険業界は全く変わってしまったようで、生命保険の比較サイトでは、第一生命、日本生命、といった、少なくとも当時は大手だった保険会社の名前は見ることもない。驚き。

広告
カテゴリー: 人生 パーマリンク

生命保険の見直し への2件のフィードバック

  1. より:

    ほとんど忘れてしまいましたが,終身保険は死亡保障だけのもの(が多い?)なので貯蓄性が高いんでしたよね.定期部分は医療保障とかなので消費する要素が大半.しかし 5.5%とは相当の高金利ですね! 絶対キープだと思います.

  2. Yasuro より:

    予定利率は金利とは違うので、銀行預金などの金利と単純比較はできないようです。ただ、予定利率5.5%というのはバブル期のものであり(今は1.5%ぐらいだとか)、確かにその意味でキープすべきだとされているようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中