アメリカの問題点

アメリカに長年住んでいろいろわかったアメリカの問題点というのがあるんだが、そのうちの一つを友人のブログでコメントとして書いたので、ここにも引き写しておく:


アメリカ人にはアンポンタンの人の割合が日本に比べて高い。なぜか?

アンポンタンな人にも選挙権があるので、アンポンタンな政治家を選出してしまう(Sarah Palinなんて馬鹿丸出しなのに、ファンが結構いるために実際に政治的影響力を持っているのがそのいい証拠)。アンポンタンな政治家は教育の重要さなど理解できないので、教育を軽視してしまう。こうして、アンポンタンな人が再生産される。

これをオフセットしてきたのが、勤勉で優秀な移民なんだけど、移民に不寛容になってきたからね。これが最終的にアメリカの凋落を引き起こすだろう、ってのが僕の予測。

広告
カテゴリー: アメリカ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中