FON無線ルータの下位モデルで安価にリピータとして使おうと考えたが

このブログでの最近の「USB外付けHDDをNAS化できるPogoplug」といった記事や、英文ブログでの"Powering A Computer’s Peripherals On and Off Automatically"なんかの記事に現れているように、今後の実家でのコンピュータ環境をどう構築するかについて、いろいろ考えている。

現在は、現在のフレッツ光プレミアムの契約を終了させて、新たに契約し直すのに合わせて、離れの方に光ケーブルを引き込みそこにモデムを設置、そこに無線LANルータを新規に用意しする。父のPC2台や、光電話のアダプタなどのある母屋とは、別途用意する無線LANルータをリピータ・モードで稼動させ、それで母屋のLANに接続させるのがいいかな、と考えてる。実は母屋と離れは直線距離で2mも離れていないので、有線でつなぐという選択肢も十分あるのだが、土中にケーブルを敷設するのは面倒だし、かといって、高架させると見苦しいし、という理由で無線を検討している。

母屋にある機器はどれも高速な接続は必要ではない。なので無線はNである必要はなくGに対応していれば十分。ともかく安く上げたいと思って、FONの下位モデルの無線ルータを検討した。もちろん、特に東京なんかに出て行ったときに、FONのホットスポットを利用したい、という算段もあった。

具体的には、FONのホームページで税込み3,980円とされているLa Fonera+を検討した。FONのメンバーシップ込みだと考えれば、まぁ妥当なお値段かと。La Fonera製品ラインを対象に、サード・パーティーのファーム・ウェアやプラグインが提供されているようであるし(リンク先のページは最新型の2.0を前提に書かれているのでそこに注意)、その中のFreeWLANを利用すれば、リピータとして動作させられそうだ。

ところが。先のFONのウェブサイトのルータの説明ページから、購入リンクを手繰るとAmazon.co.jp上のFonera 2.0nのページに到達してしまう。調べてみるともうLa Fonera+は売られてないようであるし、ヤフオクでも中古品が安く出ているわけでもなさそうだ。そうすると、あまりメリットがないように思う。

振り出しに戻る。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中