WDSは使っちゃいけないのか…

FON無線ルータの下位モデルで安価にリピータとして使おうと考えたが」の続き。

というわけで、リピータとしても動作するルータを探していた。どうやらWDS (Wireless Distribution System)機能と呼ぶらしいのだが、WDS機能を持つ無線ルータを、しかも2台買おうとするとどうしても高くなってしまう。しかも、最近の無線ルータはWDS機能がない。

なんと、WDS通信では今や簡単に破られてしまうWEPでしか暗号化されないらしく、そもそも使用を避けるべきとのこと。バッファローのFAQによれば、法人向け製品ではより強い暗号が可能なものもあるものの、個人向け製品ではない、ということだ。がーん。そうなのか。まぁ、実際に製品を買ってしまう前にわかってよかった。

じゃぁどうするか?これによって、「イーサネット・コンバータ」という意味不明な名称の製品で可能であることが分かった。価格.comで現在7,000円強。4台のデバイスを有線で接続できるのでうってつけなのだが、いかんせん高い。11nに対応した後継モデルもあり、これは面白いことに「イーサーネット・コンバータ」のような謎の名称ではなく、「LAN端子用無線子機」というもっと妥当な名前になっている。こちらは8,000円弱

製造元のバッファローは無線LAN親機(最新ではない)とのセットも用意している。NECも同社のAtermブランドで同様のセットを用意している。ただしこちらに含まれる子機WL300NE-AGには有線LANポートは2つのみ

それとは別に、これによって、プラネックス社の無線LANポケットルータMZK-MF150が自分の目的にも使えることが分かった。有線ポートは2つ。アマゾンで3,000円しない。お手頃感が実に高い。そこに紹介されていた製品の後継機種がMZK-MF300N。有線LANポートは1つに減らされている。この製品はレビューでも好意的に取り上げられている実売3,000円強。ちなににこの製品はバッテリ駆動ではないのだが、USBから給電するための専用ケーブルも存在する。この製品のよいのは、ツブシの利くところ。今想定しているような使い方をどれくらいするか分からないが、そのように使わなくなっても、本来のポケットルータとして延命できる可能性が高い。

さて、有線LANポートが1つであろうと2つであろうと、いずれにせよ不足するのだが、単純に下流にルータをつけてしまってよいものだろうか?今使われていないBuffalo BLR3-TX4Lが転がっているので、こいつが流用できると万々歳なのだが…。実行スループット26.2Mbpsというと、さすがにちょっと父に気の毒な気持ちもしなくはない。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中