イーサネット・ケーブルを屋外に敷設

FON無線ルータの下位モデルで安価にリピータとして使おうと考えたが」に書いたように、既に案としては却下したのだが、一時はイーサネット(Ethernet)・ケーブルを土中に敷設する、あるいは空中に高架させることを検討した。そのときに調べたことをまとめておく。また気が変わるかもしれないし。

まず、そういう用途を想定したイーサネット・ケーブルはある。例えばエレコムのライン・アップだと 屋外配線用高耐久LANケーブルとサッシのすき間が通せる薄型LANケーブルが用意されている。近所のコーナンでも同様の製品があった。ブランド名、製造元は忘れてしまったがメジャーなものっではなかったように思う。有線で配線する場合、離れのほうは隙間がいろいろあるので、この薄型ケーブルを使えば問題ないと思うが、母屋のほうは、たまたまそこにある勝手口の作りがしっかりしてて、逆にケーブルを通すのは問題になりそうだ。最悪、壁に穴を開けることを考えなければならない。こういうプロ仕様のもの「自己支持型」なるものもある)もどこかで勧められていたが、自分で末端のプラグをつけなくてはならいから、自分には使えないだろう。

All Aboutに「部屋を隔てた有線LANの配線方法」、「LANケーブルの屋外配線のノウハウ」という記事がある。「屋外のケーブル保護にはドレンホースを利用する」のだそうだが、このドレン・ホースは、これも近くのコーナンで入手できることを確認した。

その他2ちゃんねるには「有線LANの匠」というスレッドがあって、しかるべき技術的素養のない自分にはついていくのが難しいが、それなりに参考になるかもしれない。以下、2ちゃんによるキャッシュで、その3およびその4

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中