その他のメディア・プレーヤ機能・録画機能つき3波チューナ製品

バッファローのメディア・プレーヤ機能搭載の地上/BS/110度CSデジタルの3波チューナDTV-X900、「バッファローのメディア・プレーヤ機能搭載の3波チューナDTV-X900についてもうちょっと」の続きで、その他のメディア・プレーヤ機能・録画機能つき3波チューナ製品について。

まず、同じバッファローのLT-H91DTVと何が違うのか結構迷ったが、こちらはメディアサーバ(DMS)機能がないようだ。

アイ・オーのHVT-BCT300が似たようなスペックでやや安価だが、こちらはブラウザ機能がない。…いやどうなんだろう、メーカの「特長」ページを見ると、「投稿動画サイトがお持ちのテレビで楽しめる!」とのことなので、一般ウェブサイトの閲覧も可能…かもしれない。価格.comでの価格比較によると、現在17,000円程度。まだ発売されてないが予約価格が27,000円程度(価格.comにて)のDTV-X900に比べると随分とお得感がある。価格.comのレビューを見ると、ファーム・ウェアのアップデートで録画用外付けHDDを2台つなげるようになった、らしい。録画した番組の再生がカクカクするというのは気になるが…。

ああ、HVT-BCT300もDNLAサーバ機能(DMS)がないのか!また、共有フォルダ内のメディアファイルを再生できても、自分の外付けHDDをNAS化する機能はないようだ。LANポートを2つ搭載し、「LANハブ」機能がある、というのは面白い。

シャープのAquosネットチューナーAN-IP100も同様の製品。こちらは30,000円越えのようだがブランドの力か。細かいところで差がある。「よく見る番組を学習し、自動的にUSB HDDに録画する『常連録画』機能」なんてのは、人によっては便利だろう。「Exシステム」なるものを搭載し、「Expressシステムの略。テレビ上で利用するWebサービスを高速・快適化する当社独自のシステムです」と言っているがどの程度のものかは謎。DLNAに関しては、本機がDMPとして動作することはわかるのだが、DMSとしても動作するかは明記されていない。また、録画用外付けHDDを、LAN内でファイル共有する機能もないようだ。これらの点で、バッファロのDTV-X900に比して劣る。これは、DMS、DMPとして動作するだけではなく、DMRとしても動作することを明記している。

DMS、DMP、DMR等DLNAのデバイス・クラスについては、こちら

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中