またまたPogoplugについてのレビュー

 「USB外付けHDDをNAS化できるPogoplug」、「Pogoplugの値段が急騰」、「Pogoplugについての新しいレビュー」の続き。

またまたPogoplugのレビューが。こんどはスタパによるもの。内容自身は特に真新しくないような。

Pogoplug Proというのが最近発売されたのだが、それについては触れられてない。これは、Wi-fi機能は別売りのアダプタを購入しないと達成できなかった従来機に比べて、Wi-fi機能が内蔵されているが特徴。また、なぜか本家のウェブサイトには出ていないが、従来機と同型のグレーのモデルも出ている。

Pogoplugはplug computerと呼ばれるプラットフォームの製品だ(Marvel社によるコミュニティーサイトがある)。他にも既にいろいろ製品は出ている。例えばTonidoPlug。日本ではメジャーな製品はまだ発表されてないが、玄人志向ブランドで、玄柴(KURO-SHEEVA)という製品がある。これはSheevaPlugを元にしたもののようだ。これら既存製品の中ではPogoplugは非力だとどこかで読んだ気がする。もっとも、Pogoplusの良さはソフトウェアの秀逸さのようだから、それは本質的ではないかもしれない。

Marvel社はCES 2010でPlug Computer 3.0を発表した。これが組み込み型コンピュータのスペック?というようなスペックだ。これで採用されたARMADA CPU向けのAmahiというLinuxデストリビューションが存在する(レポート)。これからこのプラットフォームを利用して作られた製品がますます増えると予想される。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中