『俺は(携帯電話も持ってないような)人間をやめるぞ、ジョジョォォォォォォッ!』

 …『俺は(携帯電話も持ってないような)人間を超越するッ! ジョジョお前のソニエリX10 miniでだァーッ!』

…というわけで(どういうわけで?)ソニーエリクソン (Sony Ericsson) のAndroid端末X10 miniをポチっしまった。これは間違いなくギャンブルになるがそれは覚悟の上。アメリカと違って返品ができないので不安が募るが、仮に自分のニーズに合わなくても、まだ十分人気があるだろうからそこそこのお値段で売ることはできるだろう。

現在X10 miniは1ShopMobile.comで$239.00の値がついている。それ以外に日本への送料が$25なので、計$264。これに加えて1,000円程度の関税がかかるはずだが、これはどこから輸入しても基本的には変わらないはず(配達の手段によって変わるという話も聞いたが)。それより安いeBayのbq shopというショップで購入する予定だと書いた。$226.70で日本への送料込みである。約$40の差額は決して無視できない。1ShopMobileでは1年間の保証をつけると$50が追加でかかる。bq shopでは1年間の保証が込みとされている。これも合わせて考えると差額はさらに大きくなる。ただし、保証については読み進めて欲しい。

だが断るっ!…じゃなくて、でも結局bq shopからは購入しなかった。なぜならこちらからの問い合わせに対する返答が満足行くものではなかったからだ。"No exchange will be given if the item is lost in transit by FedEx/UPS unless shipping insurance is bought."と書いているので、「ではその保険はいくら?」と聞いても直接的返事はなし。1年間の保証があることになっているが、"Buyer is liable for labour and material charges where parts replaced."ともある(私がハイライトをつけたページ)。不備な英語は問わないとしても、これでは購入者が結局修理の費用全額を出すようにしか読めない。それでは何を保証しているのか分からない。釈明を求めたが、これも直接的返事はなし。いろいろリンクやらなにやら送ってきたが、こちらの質問に対して、ともかく直接的返事がないのだ。新たに分かったことは、DOA (Dead on Arrival) の場合は交換に応じる、ということぐらい。ああ、そういえば赤モデルがあるか、とも聞いたがこれも返事はなし。

本日になって、輸送時の保険をつけると$15である旨のメッセージが来たが、おそすぎる。

eBayでX10 miniを扱っているショップは彼らだけではないので、当然他のセラーに目が向かう。

選ばなかったがよいと思ったのはe-cellのもの($250強。なぜならUMTS850MHz帯およびUMTS1900MHz帯をサポートしたモデルであるようであるから。北米モデルと同一かどうかはわからないが、少なくともUMTS (3G)バンドのサポートに関しては北米版相当のようだ。北米のキャリア(米AT&T Mobility、加Rogersなど)はこれらバンドで3Gサービスを提供しているので、それが重要であればこれだろう。もっとも、GSMについてはX10 miniは国際版であってもquad-bandをサポートしており、これで北米でも問題なく使える。国際版のみのUMTS900MHz帯は、フィンランドElisa、タイAIS、豪Optus、Vodafoneで使用されているようで、今の自分にはあまりメリットがない。

ついでに、Xperia X10 mini/mini pro wikiの「購入場所」のページに上がっているリンクを辿っていろいろ見てみたが、一般に北米版(型番にaがつく)は国際版(型番にiがつくに比べて)に比べて$3-40以上高いようだ。双方扱っているNegri Electronicsの価格を見るとはっきりそれが分かる。そもそも日本ですら300kbpsの帯域制限がかかったU300 SIMを使うつもりの自分が、行くかどうかも怪しい外国での3G使用についてこだわるのはナンセンスだろう。GSMのデータ通信規格のEDGEでもそれより速いようだから。

これも結局選ばなかったがよいと思ったのはmobile-toneのもの。なぜなら、こういったショップにしては珍しく、保証の条件や手続きをはっきり詳しく明文化していて、ともかくマトモという印象を与えるからだ。ただ、送料込みで$264となるので、見送った。金に余裕があれば、これを選んでいただろう。


結局iMobilePhoneXで買うことにした。理由は以下の通り。

  • bq shopにほぼ匹敵するeBayでの最安値であること、
  • それでいてbq shopと違って送料に輸送時の保険が込みであるということ、
  • bq shopより質問に対する返答が迅速で、ちゃんとこちらの質問に答えてくれたこと、
  • 1年間の保証がついていて、その内容をきちんと説明してくれたこと(通常の使用で不具合が生じた場合、こちらが送料を負担して送り、向こうで無償で修理して向こうが送料を負担して返送してくれる)、
  • 7日間初期不良を報告する時間が与えられること(短いように感じるだろうが、他のところは3日以内に報告、3日以内に送付が要求されてたりする)、
  • 車用充電アダプタとネックストラップがついていること。ただ、後で聞いたら、ついてくるのはこれ(右図)と同じようなものなんだそうで、絶対使わないな、こりゃ。


実は、ここまで頑張っていながら、最終的にはもっとも安くは買えなかった。iMobilePhoneXはオーストラリアドルで値段をつけていて、送料込みでAUD $237.00。eBayは"Approximately US $228.42"としていて、実際USDなら、eBayでもっとも安かったはず(bq shopで買うなら$15の輸送保険をつけるとすると)。アメリカのクレジットカードで支払うつもりだったので、常に米ドルで考えていたのだが、Paypalの制約からそれは使えないことになってしまった。その時点で既にポチってしまっていたため、結局父のクレジットカードを使うことになった。米ドルには強い円であったが、豪ドルにはむしろ最近弱かったため(左図参照)、結局¥19,738と相成った。日本人が普通利用するショップよりかはそれでもまだ安いと思うが、せっかくの円高を全く利用できなかった策士が策に溺れてしまった。まったくもう、『Urrryyyyyyyyyyyyy!』である。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中