ついにb-mobileSIM U300を注文

ケチケチ携帯大作戦」の一環としてついにb-mobileSIM U300を注文。有効期間が1月のBM-U300-1MSである。

『b-mobileSIM』の300kbpsはどこまで使える?」ではこう書いている(太字は私):

海外のインターネットラジオ放送(kingFM.org)でも試してみたが、32kbpspの低ビットレートストリームでも6~10秒程度の再生と中断を繰り返す。この状況では、ストリーミングコンテンツの利用は困難と考えざるを得ない。

ひかり電話は64kbpsのPCMUしかサポートしていないので、自宅外からX10 miniを直接ひかり電話の子機として登録して使おうとしても、上のレポートより、b-mobileSIMでは確実に使い物にならないということが既にわかっている。間にAsteriskなりFreeSWITCHを介入させることでトランスコーディングをさせ、speex (11kbps)やGSM (13kbps)で通信させることでしのごうというのが自分の作戦だが、さてどうなることやら。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中