ひかり電話の国際通話利用休止申し込み

NTT東西が注意を喚起しているように、外部から侵入されて、自宅のひかり電話施設(具体的にはVoIPアダプタ)を通じて海外電話をされてしまい、結果として高額の電話料金を請求されてしまう被害が最近起きている。侵入者は、アフリカにある特定の国に電話をかけさせることでその国に電話料金による収入をもたらし、その国から歩合が得られるのでそういうことをするのだそうな。

ひかり電話の通常のセットアップでこれは極めて起こりにくい。しかし、ケチケチ携帯大作戦」のようなことをやろうとして、AsteriskなりFreeSWITCHをひかり電話のVoIPアダプタに子機登録し、それを外部からアクセスできるようにしていると、どうしても潜在的危険度が高まってしまう。最善の防御策はそもそもひかり電話で国際電話ができないようにしてしまうこと。

NTTではそういう国際通話利用休止を受け付けているので、それを申し込んだ。これでちょっと安心。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中