CSipSimple:もう一つのAndroid用SIPクライアント

Android用SIPクライアント」で十分調べたつもりだったのだが、CSipSimpleというのを落としていた。

これはpjsipというSIPスタックに基づいている。複数アカウントに対応しているし、しかもウィザードでそれが設定できる。著名なSIPプロバイダについてはこれで簡単に設定できる。PCアプリならまだしも、Androidアプリでここまで親切なのは珍しいのではないだろうか。

これを試してみたかったのはiLBCというlow bandwidthのコーデックをサポートしているから。これはSipdroidはサポートしていない。low bandwidthのコーデックを使いたかったのは、もちろんケチケチ携帯大作戦」として、使用帯域幅の少ないコーデックにトランスコーディングすることでb-mobileSIMの制限された帯域幅の問題を乗り越えられないか、と考えたからだ。

それ以外にも、CSipSimpleはエキスパート・モードにすることで、かなり細かく設定を変えられる。しかし、どう工夫してみても、b-mobileSIMの提供するデータ通信上で試みる限り、まともな通話はできなかった。

CSipSimpleは全般的に親切な作りなっているのだが、ダイアラーのUIについては、画面横幅いっぱいのスライダーの上下で通話を受けたり切ったりできるSipdroidのそれの方がよいに思えたこと、また、CSipSimpleを使用すると、スピーカ出力ができなくなることがあるようであること、といった理由から結局SIPクライアントはSipdroidに戻した。

ちょっと気になったのは、CSipSimpleからアメリカの番号をかけたときも、自宅のFreeSWITCHにINVITEが来ていたこと。その一方Google Talk経由でお目当ての番号に繋がったようだから、そちらの方にもPBXesからrouteされてはいたということだけど、ちょっと気になる。おおかた自分のPBXesでのroutingの設定が悪いだけだとは思うが…。Sipdroidではそういう問題は起きない。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中