ソニエリXperia X10 miniでApp2SDが動いたと思ったら、無限再起動ループ

ソニエリXperia X10 miniがもうメモリ不足で困っていた。16GBのmicroSDHCカードも購入したのだが、面倒なことになるのを避けるためにApp2SDの導入は後回しにしようと思っていた。だが、メモリ不足で何か新しいアプリを入れるなら何か古いアプリを削除しなくてはならないという不毛な作業をくり返さなくてはならないのにうんざりして、App2SDの導入を決意したのだが、結果論としては大失敗だったかもしれない。

最初はXDA-Developersのまとめページを見て、その通りにやってみた。app2sd.shというスクリプトを端末で走らせるのだが、あ、なんかエラーを出してる、と思う間もなく自動的にリブート。App2SDは成功したようではなかったが、とりたてて不都合もないようだし、と思っていたら、不都合が。Wi-Fi接続でDHCPでIPアドレスを取得するのに失敗する。固定IPアドレスを指定すれば問題なく接続できるので、最初はApp2SDとの関連が見えなかったが、こういうことのようだ。App2SDの導入過程で一時的にshを置き換えるのだが、それがそのまま残ってしまっているため、shスクリプトの類が動かなくなってしまっていたのだろう。shが動いてないので、adb shellでアクセスすることもできない状態であり、はじめてSEUSことSony Ericsson Update Serviceを利用したfactory resetをやらざるをえなくなった。

さすがに懲りて、成功した方の体験談を参考に、app2sd.shを運に任せて走らせるのではなく、その内容を一行一行実行してチェック。すると以下が通らない:

mount -t ext2 -o noatime,nodiratime /dev/block//vold/179:2 /system/sd

app2sdをそのまま走らせたときも、ここでこけたのだろう。これはSDカードの2番目のパーティションをマウントするためなのだが、mountが"no such device"と言う。Voldなるシステムも初耳だったが、ひょっとして、/etc/vold.conf をいじらないといけないのか、などと考えているうちに先に進めなくなった。

この段階で、やけくそで再度これを実行してみると、これがあっさり通ってしまった。タイミングの問題なのか?とは少し思ったものの、ようわからんが、もうけもん!とそれ以上深く考えず安易に喜んで残りのステップをすませ、リブートすると、確かにアプリがSDカードに移されている。

万々歳!と思ってしあわせな気持ちで寝ようとすると…端末が無限再起動ループに。ああ、そういえば、XDA-Developersのまとめページの冒頭にそういう可能性があることが注意書きとして書かれてた!こういうことか!おそらく、SDカードの2番目のパーティションが、マウントされるべきタイミングでマウントされないが為に起こる問題だろう。

困ったな。どうするか。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中