Android端末用置き換え電話帳アプリ

フツーの人間復帰計画の一環として、電話帳/アドレス帳を整理しようとしている。最近購入したソニエリことソニー・エリクソン (Sony Ericsson)のXperia X10 miniについてきたデフォルトの電話帳アプリ人名の振り仮名に全く対応していない。ロケールを日本語にしてもダメ。なので別途アプリを探さなければいけない。

ConTactsはUIに工夫をしているのは分かるのだが、Gmailのコンタクトはサポートしてない?電話帳R(Androlib)は、おそらく日本人のコンタクトだけな気にならないかもしれないが、アルファベットのコンタクトを全部一箇所に集めてしまっている。自分の場合そういうコンタクトが多いので、これはいただけない。しかもソートが全くされている風がなく、これでは使えない。あと気分の問題だが、Gmail側でデフォルトで用意しているコンタクト・グループの前に、星印(★)をつけて表示する。趣味が悪くて辟易する。もう少し工夫のしようはないものか。aContacts(Andronavi)は日本語に対応していない。つまり振り仮名は全く考慮されない。UIは全般的にクリーンで、日本語の問題がなければ採用を検討したところ。コンタクトの一覧画面で、フルネームの最初の一文字が、アルファベット、漢字にかかわらず格子状に表示される。漢字は振り仮名が全く考慮されない辞書順でソートされるので、いざ探すとなると思うようにいかないが、パッと見の視認性はなかなかよい。また、T9風のキー入力で検索できるのもよい。ただし、全般的にバックキーの扱いを正しくやっていないようで、バック・キーを押して前の画面に戻ろうとしたらアプリから出てしまった、ということが頻繁に起こる。


結局JBook2に落ち着きそうである(Andronavi)。UIは全般的に素人っぽく、改善が望まれる。さらに、X10 miniの小さいQVGA画面上では、連絡先一覧表示でのインデックス文字(「あ」、「か」、「さ」…など)のボタンが非常に小さくなり押しにくい(最後に詳しく述べる)。しかし、私はおそらくそのダイアラーを中心に使うと思われる。これは、aContactsと同様、テンキーでT9風の文字入力で検索ができるからだ。aContactsと異なり、日本語にきっちり対応しており、ひらがなベースの検索もできる。このとき、「あ」は1、「か」は2、「さ」は3、というふうにキーにアサインされている。「やまだ」を検索したいときは、8(や行)、7(ま行)、4(た行)のキー入力で検索できる。アルファベット検索、ひらがな検索、数字検索の3種の検索が、特にモードの切り替えなく一気にできてしまうところがよい。右図の検索例では、「やまだ たろう」という振り仮名を与えらた「山田太郎」がヒットすると同時に、英名の別人のコンタクトもヒットしている。このダイアラーでの検索機能は、あらかじめインデクスを作成しておかないと利用できないが、300程度のコンタクトでは1, 2分で終わるようだし、全く気にならない。

私がさらに追加で欲しいと思うのが、ニックネームに対する検索と、ローマ字綴りの名前に対するひらがな検索である。後者については、自分の名前をローマ字綴りで書いて送ってくる日本人の人が多いため、それを取り込んだ際(実はこれはThunderbirdで行われるがその話はまた後日)、そのコンタクト情報を検索する上で便利だろう。"Yamada Taro"を例にとると(上の例と異なり、漢字名も振り仮名も与えられていないとする)、現状でも、9 (Y)、2 (A)、 6 (M)、 2 (A)… というキー入力で検索ができるわけだが、これを、あたかも「やまだ たろう」という読みが与えられたかのように、8 (や行)、 7 (ま行)、 4 (た行)というキー入力で検索できるようにする、ということだ。 この機能がない現状では、検索時、「えっと、どっちで表記してたかな」と考えて、推量が外れれば二度検索しないと欲しいコンタクトに到達できない。

サポート掲示板で作者様にお願いしてみたところ、上記に二点の双方について早速好意的なお返事を頂いているので期待して待つことにしよう。


ちなみに、JBook2の連絡先タブ下ではローマ字での振り仮名付き日本人名検索がサポートされている。大変すばらしい機能だと思うが、残念ながら私の場合、その恩恵になかなかあずかれない。なぜならX10 miniはQVGA画面で小さく、正しいインデックス・ボタンを押し下げるのが難しく、さらに検索キーを入力するのも、ハードウェアキーボードがないため決して楽ではないから。私はフリック入力になれることができず、Graffiti入力しているので、やはり両手を使わないと文字入力はできない。なので腰を落ち着けて検索するとき以外はこの機能にはお世話になれない。だからこそなおのこと、片手で操作できるダイアラーでの検索機能がありがたい。

広告
カテゴリー: Computers and Internet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中